保護者様へ

◇ 塾に行かせたい時オススメの読み物

子どもが勉強嫌いになる理由を知っていますか?

子どもが勉強嫌いになる理由

子どもが勉強嫌いになる理由はいったい何なのでしょうか?
学校の授業についていけないから?
それともやっていても楽しくないから?
理由はさまざまかもしれませんが、
生まれつき勉強嫌いな子はいません。

 

ではいったい理由は何なのでしょうか?
子供が勉強嫌いになる本当の理由。
それは以下の3つと言われています。

 

①勉強しなさいと強制された

子どもの頃、親から「勉強しなさい」と言われて嫌だったことはありませんか?
誰でも強制されるのは嫌なものです。
勉強をしようかなと思っていたその時に、「勉強をしなさい!」と言われると、意欲が低下してしまいます。
そしてそんな状況で命令をされ、それが繰り返されると、だんだんと勉強嫌いになっていくのです。

 

②他の子と比べられた

勉強について兄弟や友達と比べられるのは嫌なものです。
点数や勉強の時間、頻度などで比較されて勉強嫌いになる子どもも少なくありません。
そもそも子どもによって性格も違いますし、勉強が得意かどうかも差があるものですので、人と比べるのはおすすめできません。

 

③勉強がわからない

勉強がわからないから勉強嫌いになるということもあります。
授業についていけていないという焦りもあるでしょうし、自分は勉強が苦手だと認識し、自己肯定できなくなるのも辛いので、勉強嫌いになる要因と考えられます。

 

以上のようなことがきっかけになって、勉強嫌いになるようです。
従って、親は子どもに対して、強制的に勉強をさせたり、人と比べたりすることはやめ、自発的に勉強をするような環境づくりをしていくことが大切だといえます。
具体的には塾のような環境があれば、親が勉強を強制することもないですし、勉強嫌いな子どもにならず自発的に勉強できるようになるのではないでしょうか。
まずはそのような環境づくりを考えてみるのもいいかもしれませんね。